高座結御子神社

愛知県名古屋市熱田区高蔵町は高座結御子神社。
国道19号「西高蔵」交差点付近。
延喜式神名帳尾張国愛智郡の高座結御子神社に比定される。
熱田神宮摂社。名神大社。
c0182455_14364497.jpg
祭神 高倉下命。
創建は不詳。
近隣には高倉古墳群などがあり創建は太古と考えられる。
貞観11年(869年)成立の「続日本紀」に当社の記述がある。
祭神について諸説ある。
高倉下命は饒速日命の御子で、
「日本書紀」に神武天皇が東征により熊野(現在の熊野市)に至る際、
高倉下命が刀(布都御魂)を献上し、
刀の功績により大和国が平定した話がある。
高倉下命は高倉の主を示すという。
元亀2年(1571年)社殿を造営した。
昭和20年社殿を焼失した。
境内社に新宮社(祭神 素盞嗚尊)、御井社(祭神 御井神)、
稲荷社(祭神 宇迦之御魂神)などがある。
昭和20年戦火により尾張造の社殿を焼失し、
昭和38年に再建された。

高座結御子神社の大楠は名古屋市指定保存樹木。
境内社 御井社には井戸があり毎年6月1日に
高座井戸のぞき神事が行われる。

例祭は6月1日。2011年4月4日参拝。駐車場あり。
近隣に真言宗豊山派の不動院(名古屋市熱田区)、
如来教の大大悲寺がある。

参拝の記録
熱田神宮の摂社。
近隣に如来教の大大悲寺がある。
大大悲寺は如来教の本部で、
大大悲寺鋳鉄地蔵菩薩立像は愛知県指定文化財。

当日の参拝経路
高座結御子神社のみ


[PR]
by sionozaki | 2011-04-06 14:48 | 愛知県(303) | Comments(0)
<< 白山神社(大桑村) 道明寺 >>