石塔寺(東近江市)

滋賀県東近江市石塔町(旧蒲生郡蒲生町石塔)は石塔寺。
国道307号「諸木大橋北詰」交差点を西へ向かう。
天台宗。阿育王山。本尊 聖観音。
石塔(石塔三重塔)があることで著名で、
同名寺院に石塔寺(向日市)がある。
c0182455_14471038.jpg
第33代推古天皇の御世の創建と伝える。
寺伝に依れば創建は聖徳太子によるものと伝え、
太子が近江に48建立した48番目の寺として
「成就寺」または「本願成就寺」と称していた。
石造三重塔、石造宝塔、石造五輪塔二基は国指定重要文化財。
三重塔の建立時期は奈良時代前期と推定され、高さは凡そ7.5m。
第66代一条天皇の御世にこの石塔が発見されたと伝えるが、
日本の古代の石塔の様式と異なるものであり、
朝鮮半島にある石塔に類似している。
特に百済の定林寺の遺塔に類似する点があるという。
鎌倉期、南北朝期にも多くの石塔が建立された。
安土桃山時代 織田信長により焼かれ寺は衰退した。

2011年2月21日参拝。駐車場あり。拝観料・拝観時間あり。
近隣に浄土宗の極楽寺、専修院、真宗大谷派の正念寺、
若宮神社、和田神社などがある。


[PR]
by sionozaki | 2011-03-29 15:09 | 滋賀県(152) | Comments(0)
<< 野中寺 日牟礼八幡宮 >>