謁播神社

愛知県岡崎市東阿知波町北山は謁播神社。
読み「あつわ」。旧郷社。
浄土宗の松林寺(岡崎市)が隣接する。
国道248号「大樹寺3丁目」交差点を東へ、
「魂場」交差点を北へ向かう。
延喜式神名帳三河国額田郡の謁播神社に比定される。

c0182455_16212023.jpg
祭神 知波夜命、春日大神、須佐之男命。
創建は不詳。
第13代天皇成務天皇の御代、
知波夜命が当地を訪れ出雲色大臣命と共に三河を治めたと伝える。
知波夜命は出雲色大臣命の5世の孫で、
出雲色大巨命は物部氏の祖。
元慶3年(879年)完成の「文徳天皇実録」の
仁寿元年(851年)10月の条に従五位下の神階の記述がある。
神宮寺は隣接の松林寺(浄土宗)。
明治5年郷社指定。
明治45年神饌幣帛料供進神社指定。
2002年9月に本殿・拝殿などの改修工事を行った。
c0182455_10401855.jpg
知波夜命はこの地で亡くなったといい、
すぐ近くに命の墓と伝える牛下山古墳がある。
また広島県三次市三良坂町に知波夜比古神社がある。
延喜式神名帳三河国額田郡には
稲前神社、謁播神社の2坐が記されている。

例祭日10月10日。2010年2月3日参拝。駐車場あり。
近隣に真言宗醍醐派の大照院(岡崎市)がある。

参拝の記録
三河の古社。
神社のすぐ近くを青木川が流れている。

当日の参拝経路
長興寺(岡崎市)ー八幡宮(岡崎市保久町宮下)ー謁播神社


[PR]
by sionozaki | 2011-02-07 20:38 | 愛知県(303) | Comments(0)
<< 愛知神社 八幡宮(岡崎市保久町宮下) >>