大通寺(長浜市)

滋賀県長浜市元浜町は大通寺。通称 長浜御坊。
国道8号「八幡東」交差点を西へ向かう。
長浜八幡宮、舎那院(長浜市)の概ね西側。
真宗大谷派。無礙智山。本尊は阿弥陀如来。
c0182455_17341721.jpg
長浜御坊、長浜別院とも称される。
長浜の年寄衆に依り造られた惣会所に始まると伝え、
慶長元年(1596年)に長浜城内に移設した。
のち高田村にあった光来寺の僧侶が入寺した。
大通寺本堂、大通寺大広間、
大通寺客殿山門は国指定重要文化財。
含山軒及び蘭亭庭園は国指定名勝。
大通寺新御座、大通寺山門、大通寺金地墨画梅之図十二面、
大通寺台所文は長浜市指定文化財。
本堂と大広間は京都 東本願寺にあったものを
承応元年(1652年)に移設したものである。
山門は天保11年(1840年)の建立である。


2010年11月19日参拝。駐車場あり。

参拝の記録
合併前の旧長浜市では舎那院(長浜市)と並んで著名な寺院。
周辺には黒壁スクエアがあり長浜八幡宮、舎那院(長浜市)も近く
長浜の街を楽しむことができる。

当日の参拝経路
青岸寺(米原市)ー湯谷神社(米原市)ー蔡華寺(米原市)ー長浜八幡宮
大通寺(長浜市)伊豆神社(長浜市)浄信寺・木之本地蔵院
明楽寺(長浜市)ー観音寺(長浜市木之本町黒田)ー神照寺(長浜市)

[PR]
by sionozaki | 2010-11-26 20:31 | 滋賀県(168) | Comments(0)
<< 伊豆神社(長浜市) 長浜八幡宮 >>