隅田八幡神社

和歌山県橋本市隅田町垂井は隅田八幡神社。
国道24号線「垂井」交差点付近。旧県社。
c0182455_1164451.jpg
祭神 誉田別命、足仲彦命、息長足姫命。
副祭神として丹生都比売命、瀬織津比売命。
副祭神の2柱は明治43年の合祀である。
創建は欽明天皇の詔によるもので貞観元年(859年)と伝える。
神功功后が外征の帰途荷を置いて当地に滞在したといい、
石清水八幡宮の社領となり「隅田の別宮」と称したとされる。
長治2年(1560年)松永正久秀の侵略により社殿を焼失、
慶長年間(1596年~1615年)に再建された。
神宮寺は大高能寺(高野山真言宗)。
境内社に厳島神社、天満神社、諏訪神社、春日神社、
今宮神社、武内神社、大将軍神社、稲荷神社などがある。
c0182455_10584795.jpg
隅田八幡神社人物画象鏡は国宝。
隅田八幡神社文書は和歌山県指定文化財。
隅田八幡神社経塚は和歌山県指定史跡。
隅田八幡神社の秋祭は和歌山県指定無形民俗文化財。
人物画象鏡は直径約20cm、銘文に
「癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿
遣開中費直穢人今州利二人等取白上同二百旱作此竟」とある。
銘文の紀年について諸説あるが西暦383年、
443年、503年のいずれかに該当するとされる。
日本最古の金石文の一つとして貴重(国宝)。
いつ頃当社蔵となったかは不明という。

例祭日は10月15日。2010年10月1日参拝。駐車場あり。
近隣に高野山真言宗の阿弥陀寺(橋本市隅田町垂井)がある。


参拝の記録
非常に素晴らしい神社。
橋本市を中心にまた神社を見に行きたい。
尚、橋本市内には阿弥陀寺という名称の寺院が複数ある。


今回の旅行の参拝経路
橿原神宮飛鳥坐神社飛鳥寺(明日香村)南法華寺・壺坂寺
丹生官省符神社ー慈尊院(九度山町)ー智足院(紀の川市)
観音寺(紀の川市別所)ー粉河寺ー粉河産土神社ー十禅律院
丹生都比売神社八幡神社(かつらぎ町下天野)ー金剛峯寺ー隅田八幡神社


[PR]
by sionozaki | 2010-11-04 00:36 | 和歌山県(9) | Comments(0)
<< 大目神社(瀬戸市) 八幡神社(かつらぎ町下天野) >>