飛鳥坐神社

奈良県明日香村は飛鳥坐神社。読み「あすかにいます」。
国道214号「雷」の南東。飛鳥寺の概ね東側に鎮座。
延喜式神名帳大和国高市郡の飛鳥坐神社に比定される。
また境内社の飛鳥山口坐神社は、
延喜式神名帳大和国高市郡の飛鳥山口坐神社に比定される。
c0182455_1014568.jpg

祭神 事代主神、高皇産霊命、飛鳥三日比売命、大物主命。
延喜式神名帳には「飛鳥坐神社四坐」とある。
創建は不詳。
飛鳥三日比売命は賀夜奈流美命と同神という。
賀夜奈流美命は「延喜式」と「類聚三代格」では賀屋鳴比女命と表記されるが、
記紀に記述のない性格不明の神という。
720年(養老4年)成立の「日本書紀」朱鳥元年(686年)7月条に
「幣を紀伊国に居す国懸神・飛鳥四社・住吉大神に奉りたまふ」とある。
この飛鳥四社は当社に比定される。
鎌倉時代に成立の「日本紀略」に
当社がもと甘南備山に鎮座していたことが書かれる。
c0182455_19214797.jpg
都が平城に移ると神社衰退するが、
当社が天照大御神の旧地とする信仰も起き、元伊勢として信仰された。
境内社に飛鳥山口坐神社、八幡神社、稲荷社などがある。
もとは80社程の末社があったが火災などにより焼失した。
また境内に陰陽石がある。
当社の社家は代々飛鳥氏が勤める。

例祭日は2月第一日曜日。2010年9月29日参拝。駐車場なし。
延喜式神名帳大和国高市郡の加夜奈留美命神社は、当社と関係がある。


[PR]
by sionozaki | 2010-10-24 10:05 | 奈良県(40) | Comments(0)
<< 飛鳥寺(明日香村) 橿原神宮 >>