丹生都比売神社

和歌山県伊都郡かつらぎ町は丹生都比売神社。
九度山町より高野山へ至る国道370号線の途中、
和歌山県道4号へ入った天野の地に鎮座。
延喜式神名帳紀伊国伊都郡の丹生都比女神社に比定される。
紀伊国一宮(和歌山市の日前神宮も一宮)。
名神大社。旧官幣大社。

c0182455_131783.jpg
創建は不詳。
古代には高野山に参拝の折に、
まず当社に参拝することが通例とされていたという。
祭神は丹生都比売神、高野御子大神、
大食都比都大神、市杵島比売大神。
境内の若宮社の祭神として行勝上人、
また境内社に佐波神社がある。
丹生都比売神は稚日女命とも称し、
天平時代に作成された祝詞である「丹生明神告門(―のりと)」では、
天照大御神の妹にあたるとされている。
稚日女命は紀の川流域の三谷に降臨、
紀州や大和を廻り農耕を広め、
ここかつらぎ町天野の地に祀られることになったという。
高野御子大神は空海の前に黒と白の犬を連れた狩人に
化身として現れ、高野山を霊場とすることを導いたとされる。
中世には神社周辺に多くの堂塔が作られた。

c0182455_23133745.jpg
一間社春日造の本殿、楼門は
国指定重要文化財。
元寇の役では元(モンゴル)撃退の祈祷を
行ったところ元軍が退散したことから恩恵深く、
紀伊国の一宮となる。
明治6年県社指定。
大正13年官幣大社。

例祭は4月、8月、10月。2010年10月1日参拝。駐車場あり。

[PR]
by sionozaki | 2010-10-08 00:48 | 和歌山県(7) | Comments(0)
<< 橿原神宮 南法華寺・壷阪寺 >>