新大仏寺

三重県伊賀市富永(旧阿山郡大山田町)は新大仏寺。
国道163号の阿波郵便局付近を北へ向かう。
真言宗智山派。五宝山。本尊 廬舎那仏。
c0182455_1113526.jpg
創建は建長2年(1202年)で開山は重源。
奈良 東大寺(華厳宗)は治承4年(1180年)平重衡による兵火で
多くの伽藍を焼失した。
その後重源の活動により復興されるが、
当地には伊賀別所が置かれた。この伊賀別所が当寺である。
寛永13年(1635年)天災により多くの伽藍を失ったが、
上人堂と鎮守権現は残されたと伝える。
境内に大仏殿、上人堂、明王殿、芭蕉塚などがある。
新大仏寺木造如来坐像、新大仏寺木造重源上人坐像、
新大仏寺木造僧形坐像、新大仏寺絹本著色興正菩薩像、
新大仏寺板彫五輪塔は国指定重要文化財。

新大仏寺木造如来坐像は高さ約4m、
「阿波の大仏さん」と呼ばれ、頭部は快慶の作である。
東大寺の別所は七つあり東大寺七別所、重源の七別所という。
当伊賀別所のほか播磨別所、周防別所、高野新別所、
東大寺別所、渡辺別所、備中別所がある。
うち播磨別所は兵庫県小野市の浄土寺(高野山真言宗)、
周防別所は山口県周防市の阿弥陀寺(華厳宗)である。

2010年7月29日参拝。8月16日参拝(二回目)。駐車場あり。
少し離れて天台真盛宗の本願寺、
延喜式神名帳伊賀国山田郡阿波神社に比定される阿波神社などがある。

[PR]
by sionozaki | 2010-08-05 01:12 | 三重県(172) | Comments(0)
<< 丈六寺(名張市) 興行寺 >>