新大仏寺

三重県伊賀市富永(旧阿山郡大山田町)は新大仏寺。
真言宗智山派。五宝山または御宝山。
c0182455_1113526.jpg
鎌倉時代の僧 重源(1121年~1206年)により
創建された寺院で、創建は1202年(建仁2年)。
当初は伊賀別所といわれた、
伊賀別所の名は1203年(建仁3年)重源により
著された南無阿弥陀仏作善集に見えるという。
伊賀別所の「別所」とは、
焼失した東大寺の別院のことで、
播磨、備中、周府など全国7か所に作られた。
国重文を多く有し、木造如来坐像、木造俊乗上人坐像、
木造僧形坐像、絹本著色興正菩薩像、板彫五輪塔の5点がある。
1635年(寛永12年)の天災により多くの建造物を失ったが、
上人堂と鎮守権現は残された。上人堂は重源を祀る堂。

2010年7月29日初参拝、8月16日再参拝。駐車場あり。
[PR]
by sionozaki | 2010-08-05 01:12 | 三重県(148) | Comments(0)
<< 丈六寺(名張市) 興行寺 >>