知立神社

愛知県知立市西町神田は知立神社。
国道1号「宮腰」交差点付近。三河国二宮。
延喜式神名帳三河国碧海郡の知立神社に比定される。
c0182455_12563392.jpg
祭神 鵜鵜草葺不合尊、彦火火出見尊、玉依比売命、神日本磐余彦尊。
また青海首命を配祀する。
創建は不詳だが第12代景行天皇の御代と伝える。
元慶3年(879年)完成の「文徳天皇実録」の
仁寿元年(851年)10月の条に従五位上の神階の記述がある。
また延喜元年(901年)完成の「日本三代実録」の
貞観6年(864年)2月の条に正五位下の神階の記述がある。
近世は「池鯉鮒大明神」と称していた。
境内社に親母神社(祭神 豊玉姫命)、土御神社(祭神 吉備武彦命)、
秋葉神社、合祀殿、小山天神社などがある。親母神社。
c0182455_21145677.jpg
知立神社多宝塔は国指定重要文化財。
多宝塔は塔高約10mで柿葺、室町期の特徴を良く残す。
もと嘉祥3年(850年)天台宗の僧 円仁に依り
神宮寺が創建された際に建立されたもので、
現在の多宝塔は永正6年(1509年)に重原城城主である
山岡忠左衛門が再建したものである。
明治の神仏分離では仏像を知立市西町の総持寺(天台寺門宗)に移し、
多宝塔は知立文庫とし取り壊しを残した。

延喜式神名帳三河国碧海郡には和志取神社、酒人神社、日長神社、
知立神社、比蘇神社、糟目神社の以上の6坐が記されている。

例祭日は5月3日。2010年6月30日参拝。駐車場あり。
近隣に天台寺門宗の総持寺、
信貴山真言宗の毘沙門寺がある。

参拝の記録
三河国二宮。

当日の参拝経路
知立神社ー聖善寺(岡崎市)ー永見寺(岡崎市)ー
天満宮(岡崎市東蔵前町火打山)


[PR]
by sionozaki | 2010-07-14 13:13 | 愛知県(303) | Comments(0)
<< 聖善寺(岡崎市) 多度大社 >>