名古屋市~三重県津市久居~奈良県宇陀市榛原 国道165号

2010年5月28日は三重県名張市の赤目四十八滝や
奈良県宇陀市の室生寺を主な目的として旅行に行くことにする。
四日市、亀山を経て久居ICで降りる。
国道165号に沿って西へ行けば、目的地なのでそのまま走る。
まず目を引いたのは三重県津市庄田町にある七栗神社。
c0182455_1453266.jpg

その先はずっと山道。田園地帯に住宅や寺、郵便局がある程度。
「垣内」の信号を超えたら本格的な峠道である。
165号は「初瀬街道」といい、
江戸時代大阪・京都から神宮へお参りする人々の主要道だった。
特に伊勢路は旅籠の密集している所で、
今もその景観を残している
c0182455_28267.jpg
この辺りから165号に沿っている川は木津川。
その先「別府」の辺に来ると大村神社という看板がある。
当社へ参拝出来ただけで、
来た甲斐があったと思える程に心に残る神社。
c0182455_212434.jpg
名張市内の宿泊先には早く着いたので、
瀧自慢蔵元でお酒を購入。
蔵元に行く際に迷ってたどり着いた相楽神社にも参拝。

2日目。9時過ぎにホテルを出発、
昨日の相楽神社が気になりもう一度参拝。
c0182455_3271763.jpg

本当に綺麗な所でずっとここに居たい気になる。
それから赤目四十八滝に行くが、
結構歩くことが分かり時間を取りそうだったので断念した、
それはその先の室生寺に参拝したいから。
もう一度165号に戻って更に西へ。
天下錦を醸す福持酒造が右手にある。
c0182455_3345378.jpg

それから車で15分程で奈良県宇陀市内に。
新しくできた道を通り室生寺へ。
c0182455_3365690.jpg
国宝五重塔。
それから龍穴神社、宇太水分神社、墨坂神社、
神波多神社に参拝し、帰路につきました。

[PR]
by sionozaki | 2010-05-30 02:25 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)
<< プロフィール 氣比神宮 >>