名古屋市~福井県敦賀市、鯖江市、福井市、長野県松本市

ゴールデンウィークは母を乗せ福井へ出掛けることとなった。
福井県の企業の会社説明会、それから試験があって
今年に入って3度目の福井行きとなった。

敦賀―鯖江―福井―大野―勝山という具合の2泊3日の旅行。
まず訪問したのが気比神宮。これで2度目の参拝。
境内は広くないが格式の高いそんな雰囲気がある。
GWとあって人が多い。
c0182455_22434331.jpg
それからは1月末に訪ねたのと同じように国道8号を北上するが、
一つだけ寄り道し、帰り山観音の霊水の近く
江良海水浴場のあたりを散策。
c0182455_22513252.jpg
同じく途中から305号のしおかぜラインに入る。
今年1月にしおかぜラインに来た際には、
対向車5台程しか遭遇せず秘境であると思っていたが、
GWには立派な観光地となっていた。
その先は8号に沿わず県道28号線で越前市街へ、
今夜の宿の鯖江へと向かう。
c0182455_2254346.jpg
ここがその分岐点。以前はこのまま8号に沿って北上した。
時間が余ってしまったので、
最近閉店したシピィを過ぎて国道365号線に入る。
いつの間にか越前町。
八田の近辺は本当に長閑かで麗しい土地である。
c0182455_22573363.jpg

c0182455_22581846.jpg
更に行くと蝉丸の墓がある。
c0182455_22585860.jpg

c0182455_0355895.jpg
蝉丸は平安期の歌人で、百人一首にある
「これやこの 行くも帰るも分かれつつ
 知るも知らぬも逢坂の関」を読んだ人物。


2日目は今回の旅で最も行きたかった大谷寺へ向かう。
その前に鯖江市の西山公園がちょうど躑躅祭だというので寄ってみる。
大勢の人で賑わっている。 それにしても暑い、30度位あったろうか。
c0182455_0152085.jpg
そして越前国二宮 劒神社にも参拝。当社の記事は作成済み。
c0182455_23594067.jpg
劍神社からは県道3号線で福井市方面へ走らせ大谷寺。
看板があるので分かり易い。
c0182455_0101129.jpg
大谷寺は天台宗の寺院で福井県下屈指の寺院である。
c0182455_0113430.jpg
昼食は向かいの饂飩屋さんで頂く。
何でもこのGWに開店したばかりとのこと。
営業時間外なのに開けて頂いてしまった、感謝しています。
大谷寺では由緒について大変丁寧に説明して頂き、
お昼もゆっくりしていたので時間がなく、
その先福井市内の足羽神社へ簡単に参拝して、
この日の宿泊先の大野市へ向かう。
計石駅の近辺は正に心の風景。線路と水田が美しい。
夕食は大野市内のお鮨屋で頂く。
c0182455_1731319.jpg
3日目は最終日。
親は松本まで帰らなくてはいけないし、私も松本へ用があるので
大野市から松本市までのドライブとなる。
朝は7時に起床、有名な大野の朝市へ出向いてみる。
店の数は多くないが、売る方とお話し出来たり楽しい時間を過ごせた。
花垣の名で販売している南部酒造場。
朝市に合わせてか早くから開いていた。
c0182455_1784140.jpg
距離が距離なので観光は控えめにするが、
勝山市の平泉寺白山神社へ行かない訳にはいかない。
c0182455_17113240.jpg
2度目の参拝だが、美しさは変わっていない。
これ程の神社はそうあるものでは無い。
以降は九頭竜湖を越えて岐阜県方面へ。
九頭竜湖は5月というのに、桜が咲いていた。
旧白鳥町そして高山市を通り松本に無事着きました。

[PR]
by sionozaki | 2010-05-12 00:19 | 散策の記録・旅日記 | Comments(0)
<< 氣比神宮 真清田神社 >>