保福寺(松本市保福寺町)

長野県松本市保福寺町(旧東筑摩郡四賀村保福寺町)は保福寺。
四賀地区内の国道143号沿いのセブンイレブン付近を東に向かう。
曹洞宗。永安山。本尊 千手観音。
同名寺院に保福寺(松本市中山)、保福寺(高島市)などがある。
c0182455_09155414.jpg
創建は文永5年(1268年)。開基は建長寺の大覚禅師。
文亀2
年(1502年)松本市の曹洞宗 広澤寺(曹洞宗)の雪天正等により
中興され曹洞宗に改宗、広澤寺の末寺となる。
保福寺千手観音菩薩像は寄木造で高さ約143cm、
檜材、彫眼で製作の時期は文永年間(1264年~1274年)という。
曹洞宗寺院で千手観音を本尊とすることは珍しい例であり、
創建が更に古いことなどが考えられる。
2005年四賀村は梓川村、奈川村などとともに松本市に編入合併された。

2010年1月参拝。駐車可。
周辺に白張神社、高野山真言宗の洞光寺(松本市)がある。

[PR]
by sionozaki | 2010-02-13 16:39 | 長野県(88) | Comments(0)
<< 藤島神社(福井市) 廣田寺(松本市会田) >>