八躰殿

長野県松本市島内は八躰殿。
国道19号「島内」交差点を西へ向かう。
c0182455_1571277.jpg
明治初期の神仏分離に依り廃寺となった普光院の跡地である。
普光院は犬飼氏の開創で、もと軒梅山開善寺と称していた。
のち安曇野市豊科の宝蔵寺(浄土宗)の末寺となる。
明治初年 神仏分離を受けて八躰殿を残し廃寺となる。

2010年1月2日参拝。駐車場なし。
近隣に武宮神社(松本市)、大日堂(松本市島内)、
白山神社(松本市島内)、川合鶴宮八幡神社などがある。


参拝の記録
松本市島内の住宅地の中にあり、場所は非常に分かりにくい。
ただ八躰殿を目的に訪れる人はまず居ないと思われる。
普光院の跡地である。
安曇野市の宝蔵寺の末寺であるというので、
普光院は浄土宗寺院だったか。
松本では強力な廃仏毀釈が行われ、多くの寺院が廃寺となった。
尚、記事では「躰」の字が他の字と同じ大きさになりませんでした。

当日の参拝経路
八躰殿のみ

[PR]
by sionozaki | 2010-01-11 16:07 | 長野県(87) | Comments(0)
<< 大鷲院(豊田市) 願興寺(御嵩町) >>